時事問題

毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる件に動きが

侮日新聞はいらない

毎日新聞が英語版で変態記事を垂れ流していた問題が、ようやく明るみに出た。
毎日新聞は侮日オーストラリア人を雇い、「日本人は変態である」と誤解を与えるような変態記事を5年間にわたって世界中に発信し続けた。

「日本人の母親は中学生の息子のためにフェラチオをする」
「福岡の米祭りは、顔にベトベトの白い液体を塗るため、AV業界が「顔射」と呼ぶものによく似ている」
「日本人は食事の前にその材料となる動物と獣姦する」
「ハンバーガーを食べる女子高生が性的狂乱状態」

改めて怒りがこみ上げる。いったい何だ、この気が狂った変態記事は。この問題に気付いた日本人が抗議の声を上げても、これまで黙殺され続けた。

しかし今回は違った。2ちゃんに立った地味なスレッドから地道なコピペ活動が展開され、まとめWiki(毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki – 最新情報)ができ、少しずつ問題意識がネットで共有されていった。やがてこの問題はJ-CASTからYahoo!ニュースのヘッドラインにも流れ、多くの人が知ることとなった。(J-CASTニュース : 毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信

この件は、今まで情報を一手に握り、自由気ままに悪事を重ねてきたこの国の低劣なマスメディアが、もはや情報の支配者の座から転落しつつあることネットがマスメディアという権力機関に対する民衆の監視の目として機能することを雄弁に物語る。

その点では壮挙である、と言いたいが、一度落ちた評判はなかなか戻せるものではない。これまで、日本の先人達が100年、200年かけて築いてきた国際的信用は、毎日新聞のせいで相当傷つけられてしまった。

出所が低級タブロイド紙、書き手がオーストラリア人のゴロツキだろうと、そこに主要紙である「毎日新聞が配信」という色がついたら権威と説得力が生じてしまう。海外では「うはwwwまた日本が」「変態すぐるwww」と嘲笑のタネになり、拡散され続けた。

何が目的でこんなことを?

ではなぜ毎日新聞は、わざわざそんな日本の名誉毀損記事を垂れ流し続けたのか。
その理由は簡単、「金儲け」だ。

新聞のサイトは、基本的に無料で運営されている。ではどこでその運営費をまかなうかと言えば、広告収入しかない。Webの広告収入というのは、PV(アクセス数)によって決まるため、ページのPV数が増えれば増えるほど、広告収入が増えて運営が安定する。捏造エロ記事で日本の名誉がいくら毀損されようと、それによって海外からのアクセス数が増えれば毎日新聞にとってはOKなのだ。

毎日新聞は部数も低迷しており、創価学会の新聞の印刷請け負いと、創価系の広告によってようやく存続している状態だ。こうして朝鮮系宗教に支配されている社内状態や、記事を書いたオーストラリア人の人種差別傾向なども影響を与えているかも知れないが、今回はそれらはひとまず置いておこう。

ネットに渦巻く怒りの声

最初は小さな種火だったこの問題は、やがて大きく燃え広がっていき、ネットには一般国民の怒りの声が溢れた。

344 名前:名無しさん@全板トナメ参戦中[] 投稿日:2008/06/22(日) 02:12:55 ID:7kg65iwF0
この問題は、昔から断続的にネットで話題になっていた。
俺が知ったのは、加藤あいの温泉盗撮事件だったな。
日本ではいくつかの週刊誌が報じただけだったけど、毎日新聞が英語版で
でかでかと報じているのにものすごい違和感を覚えた。

今回、5月頃から2ちゃんにコピペがされまくって、まとめサイトが作られたのが6月1日。
電凸やメールが始まったのがその前後で、毎日は11日には記者の名前を消すようになり、
そして今回、記事の全削除とサイトの一部リニューアルを図った。
彼らは「これはやばいぞ」というのをわかってる。だからこその対応だ。

毎日新聞には、つぶれてもらいましょう。彼らも、社長の首が飛び、場合によっては会社が消えるだけの
スキャンダルだと内心おびえている。これはそれだけのインパクトのある「事件」だ。

俺の友人や親戚が、海外赴任などで欧米に何人も渡って、現地でがんばっている。
表立っての人種差別は昔に比べたら減ってはいるが、それでも依然として、偏見やささいな差別はなくならない。
彼らが必死でがんばっても、日本の新聞社が世界中に向けて偏見や差別を助長する情報をばら撒いているのだからたまらない。
今回の「事件」は、日本の新聞社が、日本のみならず、日本人を裏切り、後ろから切りつける行為。

これを報道の自由だからと許すのは、理性ではなく、愚鈍だ。

738 名前:名無しさん@全板トナメ参戦中[sage] 投稿日:2008/06/22(日) 00:15:57 ID:Jdrg1ciH0

それにしてもむかつくな。
ここ5年間で、現代の日本女性=淫乱という
これまでには絶対なかったステレオタイプを持った映画が妙に目立つ
と思ったのだが
この件と関係あるかも知れん。
アメリカのコメディ映画に、明らかに淫乱バカな性格付けをされた変態女が日本女性として出てきてたし、
『バベル』でも、他の国同士は繋がりがある問題を扱っていたのに、
日本描写では裸になったり下着をつけずに中年男を誘う美少女が主人公で変だと思ってたんだ。

647 名前:名無しさん@全板トナメ参戦中[] 投稿日:2008/06/20(金) 22:51:29 ID:CD5japWV0
日本の母親は息子と、って話、だいぶ前にカナダ人に聞かれたことがある!
これだったのか!!!

日本の母親一般みたいに言ってたぞ!
「はあ?何言ってんの?」
的反応しといたけど、冗談じゃねーー

682 名前:失礼します。[] 投稿日:2008/06/20(金) 23:17:17 ID:MzrPSz/60
あのですね、はっきり言って、
欧米では、日本人に対する偏見が根強いのです。
多分キリスト教徒が少ないせいだと思うけど。
変な国、ちょっと違う人たちがいる国と思われてます。
これ、本気にする人いますよ。実際居たようですし・・

42 :可愛い奥様:2008/06/21(土) 00:31:53 ID:OI5Iy6cn0
オーストラリアに旅行に行った友人が
日本人は母親にフェラされてから勉強するんだろwwと馬鹿にされたらしいけど
この記事を見て合点がいったらしく、かなり腹を立てていた

610 名前:名無しさん@全板トナメ参戦中[] 投稿日:2008/06/22(日) 10:34:00 ID:fQJNvKV90
記事に書いてあるソースを探してみたらこういう雑誌が見つかりましたw

「濡れてワイルドに : 主婦は近所のコインシャワーで大金を稼ぐ」(まとめサイト参照)
>But thanks to magazines like Jitsuwa Taiho (April),

「実話大報 2008年4月号」でぐぐってみよう!
表紙の写真に注目!
※よい子のみんなは見ちゃだめだぞ!

756 名前:名無しさん@全板トナメ参戦中[] 投稿日:2008/06/22(日) 11:14:54 ID:zYURiv9h0
>>750
http://www.dmm.co.jp/digital/book/-/detail/=/cid=dmmmg_0202/

■毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる■

なんと毎日新聞がソースにしていたのは、『週刊大衆』どころではなかった。『実話大報』という、オヤジ向けの3流ポルノ誌だったのだ。(初めて聞く雑誌だ)

こんな雑誌のエロ記事がWeb上に紹介されたからって誰も信用しないが、そこに「Mainichi Shinbun」というラベルが貼られると、権威が生じる。これが「ソースロンダリング」という手法だが、ここまで悪質かつ被害の大きな例を、僕は知らない。

卑劣な毎日新聞を許すまじ

「弊社の記事としては不適切という指摘がありましたので削除しました」の一言で無かったことにしようとしている毎日新聞を、決して許してはいけない。
これは日本の歴史に対する冒涜であり、全日本女性に対する間接的レイプであり、全日本人に対する侮辱である。
毎日新聞が全記事に謝罪と訂正記事を付け、全世界の孫引き引用されているブログとフォーラムに対して訂正書き込み行脚をした上で、解体されるべきだろう。

思えば、百人切り報道問題も毎日新聞だった。毎日新聞は責任を取ることをおそれて訂正せずにほっかむりをして逃げ、向井・野田両少尉を刑死させ、今に至るも「日本軍の残虐性の証明」として中華プロパガンダに利用させっぱなしにしている。

こんな謀略結社に、新聞社としての資格はない。

毎日新聞は、『ネット君臨』という本を出版し、こんなことを書いていた。

「利用者からのアクセス数を稼ぐために、何でもありの風潮はおかしい」
「一度つけられた傷は簡単には回復しない」

その言葉、そっくりそのまま貴社に返す。
さてさて、毎日新聞は一体日本に着けられた傷をどう回復してくれるのだろうか。(毎日新聞の回復はおそらく不可能だろう。)


↓毎日新聞は許せん!という方はクリックを!↓

(櫻木)