毎日新聞猥猥

毎日新聞サイトのお詫びページに新たな文言が追加されていました。

◇第三者機関に見解求める

 インターネット上には、今回の処分とは全く関係のない複数の女性記者、社員個人の人格を著しく誹謗(ひぼう)・中傷する映像や書き込みが相次いでいる。毎日新聞はこうした名誉を棄損するなど明らかな違法行為に対しては、法的措置を取る方針でいる。

 また、毎日新聞は今回の対応が妥当だったか、社外の有識者でつくる第三者機関「『開かれた新聞』委員会」に見解を求めることにしている。

   ◇   

 ご意見は、「開かれた新聞」委員会事務局(電子メールt.media@mbx.mainichi.co.jp、ファクス・03・3212・0825)へ。
毎日新聞社:「WaiWai」問題で処分 – 毎日jp(毎日新聞)

まずは、ネット上の追求者に対する告訴をちらつかせた恫喝。まあ確かに、これまでにテレビや他サイト等で公開されたとはいえ、WaiWai編集部にいる女子社員の個人攻撃はイカンと思います。敵を利する行為になるので、追求するならライアン・コネル(オコーネル)と、今回の件でなぜか昇進した元デジタルメディア担当の現代表取締役朝比奈豊氏と、同じく現取締役の長谷川篤氏の3名に絞るべきだとは思います。

で、「第三者機関に見解求める」とのことなんですが、なんでメールのあて先が「t.media@mbx.mainichi.co.jp」…? 第三者機関に送る前に毎日新聞が検閲でもするつもりか? …と思いきや、何のことはない、この「開かれた新聞」委員会とかいう機関は、毎日新聞が自社で作った委員会でした。ズコーッ。

「開かれた新聞」委員会とは

毎日新聞社が、社外の有識者で組織している紙面批評・審査委員会。

柳田邦男、吉永春子、玉木明、田島泰彦氏らが委員を務める。
「開かれた新聞」委員会とは – はてなダイアリー

ここ最近の食品偽装問題で、毎日新聞は追求の急先鋒として随分鋭く批判していましたけど、不祥事を起こした食品会社が「社内に作った第三者機関に調査を依頼しました」とか言ったとして、毎日新聞はそれで許しただろうか? 核査察を受け入れない北朝鮮と何が違うのか。

この後手後手に回る対応。常にアサッテ君な毎日の行動に、祭りはまだまだ収まる気配を見せません。
我々が求めているのは、関係者の処分ではなく(それも勿論必要だが)、毎日新聞が世界に拡散した虚報の収拾と名誉毀損の回復なので、たとえ社長の給料がゼロになったからって誰も許さないんですが、その辺を毎日は分かってないんでしょうかね。
まあ「捏造報道」を認めることはメディアとしての自殺宣言にも等しいので、なんとかそこに触れずに済まそうとしている気配がアリアリなんですが。

(櫻木)