時事問題

お中元シーズンになりました。この季節になると、デパート同様、新聞各紙もお中元特集でしのぎを削ります。

お中元特集2008 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

asahi.com(朝日新聞社):お中元特集

どこもがんばってますねー。おや? 毎日低俗新聞は…?


商戦本番を前に終了した毎日の「お中元特集」

もう終わってるーーー!

終わりの見えてきた毎日

しかしお中元Q&Aだけなぜか残っていて、それによると…

早くも百貨店のお中元商戦が始まった、というニュースを聞いたけど。そもそもお中元って、いつ、どのように贈ればいいの?

 全国的に7月初旬から15日までですが、関西以西は8月初旬から15日です。
2008年 お中元特集 – 毎日jp(毎日新聞)

全国的に7月初旬から15日までです

…せつないですね。どうやら有志による電話突撃が功を奏して、スポンサー広告がこちらでも撤退に告ぐ撤退、ぜんぜん商品が集まらず閉鎖となったようです。見栄でも出し続けて虚勢を張ることすらできないのです。毎日、相当ギリギリの状況です。

相変わらず、毎日本体にも一個も広告が入っていない状況が続いています。この状況が紙面のほうにも飛び火すると、いよいよ決定的な状況になるかもしれません。「押し紙」という、販売店にノルマとして押し売りしている部数も相当な数があり、すでに毎日は新聞そのものの売り上げで成り立っているわけではありません。

最新式の市民革命

10年位前、僕は世の中に絶望していました。誰が何をやっても、この腐敗しきった国はどうにもならない、そう思っていました。
しかし今、ネットによって、世の中の仕組みがゆっくりと動こうとしている、何かがきしむ音が聞こえています。
これはネットvs既存メディアの対決構造ではなく、民衆vs支配者(侵略者)の対決の始まりだと思います。
「ネットの力」そのものではなく、ネットによって組織された民衆ひとりひとりの力が、第四権力・マスコミの恐怖政治を妥当しようとしているのです。21世紀版の市民革命は静かに進行中、といったところでしょうか。

(櫻木)