毎日新聞猥猥

先週、毎日新聞がまた「出直します」宣言を出してのうのうと英語版ニュースを再開させた。
しかし、この「改めておわびと決意」文も、例によって厚顔無恥かつ傲岸不遜なマスコミ体質を露呈し、やはり自分の言い分に終始するのみなのだった。

毎日新聞英語版サイト「毎日デイリーニューズ(Mainichi Daily News)」がリニューアルして再出発した。「低俗すぎる」と批判された変態的な記事が、同サイトや英字紙で、多数掲載されていたことについて、毎日新聞社は改めて謝罪し、「みなさまからの声を重く受け止め、今後、こうした事態を二度と引き起こすことのないよう、全力を尽くします」としている。ただ、インターネット上での批判はいまだに収束しておらず、「広告ゼロ」という厳しい状況下での再スタートとなった。
毎日英語版サイトが広告ゼロで再出発 ネット上の批判いまだに収束せず(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース


その「決意文」がこちら。

2008年9月1日

 「毎日デイリーニューズ」刷新 改めておわびと決意

 毎日新聞社は9月1日、英文サイト「毎日デイリーニューズ」(http://mdn.mainichi.jp/)を刷新し、再出発しました。

 皆様からいただいた多くのご指摘、ご意見を踏まえ、ニュース、解説、評論に重点を置いてサイトの内容を整理し、毎日新聞の紙面に掲載された社説やコラム、識者による評論「時代の風」などを翻訳します。題字などデザインも一新しました。

 事実の裏付けのない不適切なコラムを国内外に発信してしまった反省から、編集体制を立て直し、記事や企画の選択などのチェック機能を強化します。元カナダ大使の沼田貞昭氏、東京経済大学客員教授のアンドリュー・ホルバート氏、フリーライターのスーザン・ミリントン氏によるアドバイザリーグループも発足させ、定期的に意見をうかがい、サイト上で紹介するとともに運営に生かします。

 日本のニュースを世界に発信する国際メディアとしての役割を果たすべく、全力を尽くします。

◇信頼回復を目指して

 毎日新聞社は1日、毎日デイリーニューズの編集体制を改め、再出発しました。出直しにあたり、1989年10月から英字紙に、01年4月からウェブサイト上に掲載していたコラム「WaiWai」について改めておわびします。

 今年6月21日(日本時間)、このコラムのコーナーを閉鎖し、過去のものにもアクセスできない措置を取りました。コラムを転載しているウェブサイトやブログなどへの削除要請も続けています。その理由は掲載したコラムの多くが著しく節度を欠き、国内外に発信するにはふさわしくない内容と判断したからです。

 「WaiWai」は、国内で出版されていた雑誌などを了解を得ずに利用していました。明らかに事実とは思えない情報を英訳、転載し、一部については不適切な加筆もしていました。日本および日本人や特定の国、職業などについて誤解を生じさせる情報を長期間にわたって流し続けました。

 報道機関としてあってはならない読者の信頼を裏切る行為であり、多くの方々にご迷惑をおかけしたことをあらためて、心よりおわびします。誠に申し訳ありませんでした。

 7月20日朝刊と毎日新聞のホームページ、毎日デイリーニューズにおわび、検証記事を掲載しましたが、その後も多くの方からご批判、お叱りをいただいています。みなさまからの声を重く受け止め、今後、こうした事態を二度と引き起こすことのないよう、全力を尽くします。

毎日新聞社
毎日新聞社

本当~~に何も分かっていないんだな、というのが良く分かる文章だ。あと、彼らは何も悪いと思っていない。しかも、自分達の名誉のことしか考えていない

  • 雑誌を無断で引用する
  • 嘘情報を英訳、転載する
  • 悪意で加筆する
  • 日本人や特定国を貶める情報を流布する

そんな「新聞社」に、果たして今後とも新聞を発行し続ける言論機関としての役割を担わせていていいものかどうか。
「事実でないことを報道していた」ことを認めた点は評価してもいいかもしれないが、そんなことでこの情報機関がこれまでになした悪事が帳消しにされるわけもない。

日本では、女性はみな色狂い、家庭では近親相姦、男性は奴隷売買や人間狩りをしていると長年にわたって書き立て、国内外の反日ロビー活動と連携して米議会の「慰安婦非難決議」にまで結びつけたこの宣伝期間が、「日本のニュースを世界に発信する国際メディアとしての役割を果たすべく、全力を尽くします。」などとは、ちゃんちゃらおかしい。

そんな分不相応の役割を果たす前に、自らの義務…訂正記事の発表をして、それから潰れるなりなんなりして欲しい。
「このコラムのコーナーを閉鎖し、過去のものにもアクセスできない措置を取りました。」
というのは、まるでこの問題に対する正しい処置かのように書いているが、何のことはない、証拠隠滅の事実隠蔽に他ならない。しかも、これのせいで、一度拡散された情報はそのまま宙ぶらりんになって世界のWeb上に残り続ける。

世界のどこかのブログで、WaiWaiの変態日本記事が引用されていたとしよう。閲覧者が元ソースを見ようとしてリンクをクリックしても、その先はMDNのNot foundページが出てくるのみ。そうした場合、通常は「元記事は掲載期間が過ぎて削除されたのか」と思うだけだろう。
「この変態記事は捏造だったから削除されたのだ」なんて思ってくれるようなエスパーは世界中どこにも存在しない。

毎日新聞がしなくてはいけないのは、汚れた口をぬぐって記事配信を再開することではなく、記事の隠滅を図ることでもなく、元の記事を、元のURLで、真っ赤な訂正文を冠して掲載し続けることだ。

話はそれからだ。

(櫻木)