民主党政権

亀井は董卓にでもなる気か

一体どうなっているんだ、民主党政権は。小沢が「他の公務を後回しにして、お会いいただく」等と天皇の私的利用をしたかと思えば、今度は金融大臣の亀井が天皇陛下の居城を指図した。 この話には数々のアウトがある。 天皇陛下に勝手に…[記事詳細]

民主党政権で縮んでいく日本 (竹島問題)

昨日発表された、新学習指導要領で、島根県の竹島をめぐる領土問題の記述が大きく後退していたことが分かった。 これまでも、「我が国と韓国の間に竹島をめぐって主張に相違がある」などという大変に弱腰の説明だった。 もちろん、ただ…[記事詳細]

鳩山“偽装”総理のチェックメイト

鳩山総理の不正献金疑惑はもはや疑いようのないところまで来ているわけですが、相変わらず辞職も逮捕もなく、のうのうと総理大臣の振りをし続けているのは、あれはいったい何なんでしょうね。 日本人は良くも悪くもなぁなぁで済ませてし…[記事詳細]

鳩山首相は日本の貧乏神

COP15に出席した鳩山首相は、世界一厳しい目標を日本に課した上で、世界一巨額の途上国バラマキをブチあげ、それでいて主張はまったく聞いてもらえず、手ぶらで帰国した。あまりに馬鹿馬鹿しくて意味が分からないが、残念ながら本当…[記事詳細]

日本は中国の属国か?

小沢一郎の暴走に対して、外務省からも厳しい批判の声が伝わってきている。 「民主党側は、まるで中国の走狗(そうく)となった」(外交筋)。  「亡国政権。小沢氏の意向が背後にあるのだろう」(外務省幹部の一人) 「特例会見「亡…[記事詳細]

民主党は亡国政権、小沢は中共の走狗

外交というのは、社交辞令の極致である。そこではプロトコル、外交儀礼は非常に大事なものであり、そもそもルールがなければ成り立たない。「1ヶ月」という期間を設定したなら、それを徹底させなくてはならない。「4~5日くらいならい…[記事詳細]

小沢一郎と民主党に抗議の声を

今回の、天皇陛下と中共副主席との特別会見で、小沢一郎とその一派が描いた絵はおよそ次のようなものだろう。 「小沢訪中」 小沢(与党 幹事長) <会談> 胡錦涛 (共産党主席) 「お返し接待」 習近平(共産党 副主席) <会…[記事詳細]

小沢一郎、天皇陛下の政治利用

今日から、中国共産党の副主席である習近平という男が日本にやってきている。この男が、恐れ多くも天皇陛下に拝謁することになった。しかもそれが、慣習的に定められている「一ヶ月前ルール」を破るというので問題になっている。そもそも…[記事詳細]

小沢600人訪中団の不気味

小沢一郎という権力者は、日本をどこへ連れて行こうとしているのか? 子飼いの議員や支持者ら600人という大集団を組んで中共を訪問した小沢一郎の姿は、さながら現代の遣唐使、はたまたハーメルンの笛吹男である。 それにしてもこの…[記事詳細]